wwwを検索 denden-town.or.jp を検
日 本橋電気屋物語
第十一話 「アサガオ無線電機商会
2007.07.23

 元々は現在の社 長・田中保行の親戚、田中捨太郎が戦後、兵隊から帰って来て滋賀県から現在地の直ぐ裏に当たる一角に出て来たのが始まりなのです。 捨太郎は明治44年の生まれ、妻の名はみさを、大正9年の生まれなのです。捨太郎とみさをの二人が開業したのはお好み焼き屋。生来の働き者の捨太郎は頑張ったのです。


車道から危ない思いをしながら 撮った店構え
店頭です

ところが捨太郎には子供の居なかったのです。其処で捨太郎は保行の姉・慶子を養 女にしたのです。そ して養子に章弘を迎え夫婦としたのです。其の章弘が「アサガオ無線電機商会」を開業したのです。時は昭和33年、慶子と二人で頑張り、社業は順調に拡大、 保行も卒業すると「アサガオ無線電機商会」に入社するのです。保行は昭和25年生まれの寅年、姉の慶子は昭和20年生まれの酉年なのです。


小物が並ぶ
エアコンからレジスターまで

 ところが昭和 47年に昭和9年生まれの章弘は39歳の若さで急逝するのです。章弘と慶子の間には昭和40年生まれの長女恵と其の妹、二人の娘が居たのです。其の後も慶 子と保行は社業を盛り上げたのです。其の慶子も平成12年10月に56歳で帰らぬ人となったのです。次女は夫の転勤で埼玉へ転居、長女の恵が保行を助け社 業を切り盛りしたのです。


売れる物は何でも
空気清浄機て知ってますか?

 恵みは結構ミーハーなのです。 「海賊版DVD撲滅キャンペーン」に来てパレードしていた「ますだおかだ」を写真で撮ったり、握手を求めたりしていたのです。恵みは亭主と子供を連れてわ ざわざこの為に出向いて来ていたのです。保行の実家は代々の営農、兄が其の後を次いでいるのです。働き者の保行は日曜日や早朝に兄の畑を手伝うのです。 作っているのはほ うれん草、大根、トマト等々、収穫期には野菜に事欠く事は無いのです。


クリーナーも有ります
アイロンもピンクが多い

 保行はゴルフが上手かったので す。其れが一時は随分と下手になって、どれ位下手になったかと言えば、私にすら負けるくらいの状態になったのです。まあ、最近は大分ましになって来たので すけどね。「TWENTY会」に所属していて、時々野菜等々を賞品にご寄贈いただくのです。有り難い事なのです。保行はず〜っと、今も滋賀県草津市から通 勤しているのです。「2時間はかかるやろ。」と言ってやったら「何言うてるねん。草津は町やで、新快速が止まるねんぞ!1時間半や!!」まあ、自慢してい るのです。「昔、シャープにお勤めだった大沢は草津の次の駅、新快速が止まれへんからごっつい時間かかりよってんぞ!」此れも自慢なのです。合掌。


なかなか可愛い恵
あんまり可愛く無い保行

アサガ オ無線電機商会
大阪市浪速区日本橋4-17-9
営業時間:10:00〜18:00
定休日:日曜日
電話番号:06-6643-3313

次へ

 このコーナー、十一回だけで終わるかも知れないのですけど、まあ 何処か掲載をご希望のお方はsawada@osk.3web.ne.jp ま でメール下さい。一応、週に一度の連載を予定しているのですが、予定はあくまでも予定なんです。(敬称略、失礼な言い方有り、ごめんなさい。)
澤 田沢治
日本橋電気屋物語トップへ戻る

戻る

営利・非営利、個人・団体・企業問わ ず、当ホームページの画像、データなど掲載されているすべての情報において
いかなる場合においても無断で使用・転載することを認めておりません。


Copyright (C) Nipponbashi DENDEN Town All rights reserved.