wwwを検索 denden-town.or.jp を検索

サイトマップ

日 本橋電気屋物語

第五話 「ナニハ電気商会」

2007.07.07


  社長の名前は岡下繁治、昭和20年生まれの男なのです。前出の小池富雄とは大阪市立日本橋小学校で同級生だったのです。お父様は元々歯医 者をしていらしたとか、ほてから電気屋を始めたと言う変り種なのです。電気屋創業昭和23年、父上43歳の時の事だったのです。照明器具が本命のお店だっ たので すが、置けば何でも売れる時代、段々と家電総合のお店になったのです。昔、近くの家具屋(今の「
スー パー キッズランド日本橋本店」) が火事になり類焼した事が有るのです。火事の時、小林一機械工具の社長小林博とか近所の連中が一生懸命商品を運び出してくれたのです。繁治は人望が有るの で す。ところが、火災保険はええ加減 なもので、そんな努力は認められないのです。ちゃんと燃えた方が沢山保険金が下りるのです。

 

入り口ですねん、奥が深いでっしゃろ

 

電気カミソリも入り口に有るねん


 其の焼けた家具屋 の跡に昭和51年、上新電機の「日本橋本店」が建ち、其の後 呼名を「日本橋5ばん館」と変え、去年やったかに現在の玩具屋に衣替えしたのです。「ナニハ 電気」の2軒南隣になるのです。1軒南隣には昔「三協電機」と言う店が有ったのですが、此れが「サボイヤ」とか言うピザ屋さんになって、其れも今年になっ て「ソフトランドぽち」て言うゲームソフト屋さんになっているのです。北 隣も「キクエデンキ」は自分とこは裏に回り、表を現在「ホビーランドぽち日本橋4号店」に貸しているの です。入れ替わりガ早いのです。もう一軒北は昔は「千代田音響」やったかの支店だったのですが、現在は「マウスコンピューター大阪ダイレクトショップ」 になっているのです。そう考えると「ナニハ電気」は頑張っているのです。


携帯電話もよけおますやろ

 

今、流行の電子辞書でんがな


 「ナニハ電気」の店は小さいのですが家電総合を取り扱って いるのです。携帯電話 もやってるのです。随分と細長く所謂鰻の寝床なのです。裏の通りまで抜けているので其処をガレージにしてあるのです。昔、京都では間口に税金が掛かったと か、其処で間口を狭くして奥行きをうんと長くする町屋が税金対策で増えたとか。そう言えば、昔 イングランドで窓税なるものが有って、窓一つになんぼと税 金が掛かったのです。150年ほど続いて結構な財源になったとか。石鹸税なんてものも有って・・。段々話が反れて行くのです。

 

これも携帯電話ですわ


ラジカセから冷蔵庫、洗濯機まで


 昔、繁治は小学校 のPTAの会長をしていて、其の名残で現在「日本橋小学校歴代PTA会長会 さくら会」と言う長い名前の会の会長をしているのです。小 学校の何かの行事の時には出て行ってご挨拶をしなければならないのです。
 今はぎっくり腰で駄目なんですが、ゴルフをしていた事が有るのです。其のデビュー戦に同行したのですが、何事にもきっちりした性格で、ちゃんとワンラウ ンド208を数えきったのですから大したものなのです。残り100ヤードに5番アイアンを持つので、キャディーが慌てて止めた事が有るのです。其の時、少 しも慌てず「いや、俺はチョロばっかりやから此れでええんや。」と言い、打ったら200ヤード近く飛び、次のティーグランドを遥かに越して行ったのです。 万が一の力は有るのです。

 

シャイな岡下社長


便器が有ったら入りたい

 
 ソフトボールをしていた事も有るのです。かね一機工の社長  中山隆司に師事していて、早朝リーグにも参加していたのです。上手い下手は兎も角としてすっ ごく熱心だったのです。そしてやっぱり力は有るのです。其の力のコントロールには難が有ったのですけどね。
 社名の由来なんですが「何で”ナニハ”にしたの?」と聞けば「そやねん”ナニワ”にしょうと思ったんやけど、先に”ナニワ電業社”さんが有ってん、ほ て”ナニハ”にしたんや。」まあ、単純な理由なのです。

 ほてから、2007年8月に旧店舗(日本橋4-12-2)の丁度裏側に店舗を移転しました。

 

おちゃめな社長令夫人


岡下繁治社長


ナニハ電気商会
大阪市浪 速区日本4-12-16
営業時間:
10:00〜19:00
定休日:金曜日
電話番号:06-6641-1138

 

次へ


 このコーナー、五回だけで終わるかも知れないのですけど、まあ 何処か掲載をご希望のお方は
sawada@osk.3web.ne.jp ま でメール下さい。一応、週に一度の連載を予定しているのですが、予定はあくまでも予定なんです。

澤田沢治

日本橋電気屋物語トップへ戻る

戻 る


営利・非営利、個人・団体・ 企業問わ ず、当ホームページの画像、データなど掲載されているすべての情報において
いかなる場合においても無断で使用・転載することを認めておりません。

Copyright (C) Nipponbashi DENDEN Town All rights reserved.